英語の勉強で心が折れる…立ち直り方と楽しく続ける方法

英語勉強していると、が折れそうになるときや本当にポキッと折れるとき、ありますよね。

私もありました。というか、多くの人が経験することだと思います。

突然ですが、英語を使えるようになるために一番大切なことって何だかわかりますか?

それは、ただ英語に触れ続けることなんです。

英語は、続けていればそのうち必ず話せるようになります。

ある日突然話せるようになる訳ではありません。

ある日突然「成長している自分」に気付くんです。日本語だってそうです。

今諦めて英語から離れてしまうと、今までの苦労までもれなく水の泡になってしまいます。それはあまりにもったいないです!早いうちに立ち直るのが吉。

この記事では、英語の勉強で心が折れた時にどうやって立ち直ると、英語の勉強を楽しく続ける方法、そして何かを続ける時にとっても大切なことをお伝えしています。

ぜひ参考にして、英語の勉強を楽しく続けてくださいね。

英語の勉強で心が折れた時に立ち直る方法

1.とにかく今の自分を褒める

まずはとにかく!今!英語を勉強している自分、ここまで頑張っている自分を褒めてあげましょう。

ミキ

でも全然話せるようにならないし、知らない単語や表現を覚えるのに精一杯で…。

もっと勉強しないといけないのはわかっているんだけど…。

ナミエ

いいのよ、まず勉強を続けていることが立派よ。

誰かに褒めてもらえるなら良いのですが、そう都合良く褒めてくれる人はいません。自分で自分を褒めてあげられるようになれば怖いもの無しです。

人間は「できたことは忘れ、できなかったことは覚えている」と言います。

できていないことばかりに目を向けるのではなく、今できていることを確認し、「よく頑張ってるよ私」「今日はこれだけやったじゃん」と、褒めてあげましょう。

マック 通常

実は「褒められると伸びる」ことは科学的にも証明されているんですよ。

どう褒めたら良いかわからないという場合はこんな本もあるので、一度読んでみても良いかもしれません。

マック 通常

声に出して褒めると、より効果的です。

どうでしょう、少しは気持ちが楽になりませんか?

2.ゴールを思い出す

自分を褒めてあげたら、次は少し冷静に考えてみましょう。

ナミエ

ところで今、あなたは今何のために英語を勉強していますか?

海外に行く予定があるから?仕事で必要だから?それともいつかの将来のため?

目的はできるだけ明確に、目標はできるだけ具体的に決めてしまいましょう。

簡単に言うと、目的は「最終的に達成したいゴール」、目標は「目的達成のために必要な手段」のことです。

マック 通常

目的が海外旅行なら、買い物や移動するのに困らない程度に話せたらOKかな。でも留学に行くなら生活や学校で使う日常会話は必要になるね。

ナミエ

いろいろな手続きにも英語を使わないといけないしね。仕事なら関係する用語も必要かな?

目標が定まると、必然的に期限も決まりますよね。

「やばい、心が折れている場合じゃない!」となるかもしれませんし、逆にまだ時間に余裕があることを確認できるかもしれません。余裕があれば焦らずじっくり取り組めば良いのです。

改めて目的と目標を確認してみましょう。

3.教材の難易度を確認する

今勉強に使っている教材は、「ちょっと頑張れば理解できる」くらいのものですか?もしそれより難しければ、レベルを一段階、二段階下げてみましょう。

ミキ

上達したいのに今よりレベルを下げるなんて!?

ナミエ

焦るのもわかるけど、わからないままやるのは、身に付かないうえにつらいものよ。

レベルを下げることで負担も減るし、やる気も出てくるわよ。「急がば回れ」っていうでしょ。

マック 正解

そう、Haste makes waste! 急がば回れ、だよ。

中学レベルのものでも、しばらく使っていないと忘れてしまっているものです。「『こんなものは当たり前にわかるよ』レベルよりも少し上」くらいを目安に選んでみてください。

もちろんリスニングに関しても同じです。

知らない単語がバンバン出てくるようなものだと聞き取れなくて当たり前ですし、いきなりネイティブが普通に話すスピードで聞いてもついていけないことがほとんどです。

マック 通常

「余裕でわかるぜ」の一歩先くらいがちょうど良いんです。

Haste makes waste. 急がば回れ。

 

突然できるようにはならない英語を楽しく勉強し続ける方法

レベルを上げすぎない

先ほども言いましたが、無理に高いレベルはやる気を削いでしまうだけです。

焦っているならなおさら、今のレベルから着実にあげていくことが重要です

英語は、暗記をしても使えるようにならなければ意味がありません。新しいことをどんどん覚えるよりも、使いたいことばや表現が出てきた時に都度覚えていくくらいの気持ちでOKですよ。

勉強していてもわかる方が楽しいですしね。理解できない状況が続くと嫌になるのは当たり前です。

ナミエ

「んん〜どういうこっちゃ?……あ、そういうことか!」くらいのテンポ感で進めたら理想ですね。

一人でやらない

英語の勉強を楽しく続けるには、誰かを巻き込んでしまいましょう!

一人でやっているとつらいときのダメージが大きいんですよね。英会話を勉強していても話す相手がいないし…。

ナミエ

マックに教えてもらえるのはか〜な〜り助かってるわ。

ミキ

いいなぁ〜!私そんな友達いないんだけど…

ナミエ

それならオンライン英会話おすすめよ。私も受けてるけど、教えるの上手だしたくさん受けられるからいいのよね。

もちろん英語を話せる友人がいれば教えてもらうのも良いですし、「そんな友達いないよ!」というのであれば、英会話レッスンを受けるのも一つの手です。

オンライン英会話はどこでも受けられるうえに、深夜や早朝でも可能なところが多いので、自分の都合の良い時間に受けられますよ。

マック 通常

やっぱり英語はコミュニケーションで使うものだから、実際に会話した方がいいですよ!

ナミエ

一人でも勉強はするけど、やっぱりマックに教えてもらったりレッスン受けたりしている方が楽しいわ。そこで話すために一人でも頑張れるしね。

オンライン英会話って実際どんなものなの?という方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

英語を話す推しを作る

私個人的にはこの方法が一番おすすめです!

推しが話していることは一言一句理解したいのが推す者の心理。

「必要だから英語できるようにならないと…」と思っているよりも100倍身につくし、何より楽しいです。

ミキ

うわ〜これめっちゃわかる…

推しといっても、人でなくともいいんです。映画でも、音楽でも、場所でも、好きなものと英語を絡めると圧倒的に身につきやすくなります。

この勉強方法は、実際に外国人と話すときの話題作りにもなるので一石二鳥ですね。

ミキ

まさかオタク文化が英語の勉強で役に立つなんて…

何かを続ける時にとっても大切なこと

明確な目的意識を持つこと

…というと難しそうに聞こえるかもしれませんが、要するに「なぜその目標を立てたのか」をきちんと考えましょうということです。

よく言いますよね、「この高校に入りたい!」で頑張っちゃって、いざ入学するとやりたいことがない、とか。

しかも、その目標達成の道のりが遠ければ、「じゃあいいや」と諦めてしまうことも多いんです。

達成したい目標の、その一歩先を考えるようにしましょう。

ミキ

英語を話せるようになりたい!

ナミエ

いいわね。でもそれはなぜ?

ミキ

将来海外に行って現地の友達を作りたいの!そのためには英語を話せないとでしょ。

マック 通常

Great! それなら自分のことや日本のことも英語で話せた方が良いね!

こんなふうにざっくりとでも良いので考えてみてください。

何事も、はっきりとした目的があれば続けやすくなるんです。

動機づけ(特に内的動機づけ)をすること

動機づけとは、いわゆるモチベーションのことです。

動機づけには、「外的動機づけ」「内的動機づけ」の二つがあり、「必要に迫られて」「人に言われたから」というのは、外的動機づけに当たります。

しかし継続に大切なのは「内的動機づけ」の方なんです。

内発的動機付けとは、物事に興味や関心を持つことで意欲が沸き起こり、達成感や満足感、充実感を得たいという、人の内面的な要因によって動機付けられることです。

人の内面で自発的に沸き起こる要因によって行動を起こし、持続することが特徴です。

引用:動機付けとは? – BizHint(ビズヒント)

要するに、「自分からやりたいと思うこと」です。

ナミエ

海外旅行に行きたい、かっこよく英語を話せるようになりたい、とかね。

強制力があるのは外的動機づけですが、やはり楽しく続けようとするなら内的動機づけをした方が良いです。

マック 通常

英語を勉強するときに「英語を話す推しを作る」のはまさに内的動機づけだね。

しかもこの動機付け、不純な動機の方が続くらしいですよ。

必要に迫られて始めたことでも、楽しく続けるためにぜひ内的動機付けをしてみてください。

ナミエ

私も仕事で英語が必要になったんだけど、どうも英語を使えるとお給料上がるらしい…(ボソッ)

マック 通常

もちろん人にいう必要はありませんよ!w

人を巻き込むこと

「誰かと一緒にやる」って、実はすごく効果があるんです。

「あの人も頑張ってるから私もやろう」「私だけサボってたらバレる!」などなど、他人の目があるとエエカッコしたくなるのが人間。

ダサいと思われたくない一心で続けていたらいつの間にか習慣化していた、なんてこともありますよ。

一度習慣化してしまえばもうこっちのもんです。続けることは何も苦じゃなくなっているでしょう。

ナミエ

一緒にやる人がいなければ、目標を人に言うだけでも効果はありますよ。

ほどほどに頑張って、ほどほどに自分を褒めること

「ほどほどに」これが大事です。

頑張ろう頑張ろうと思いすぎるとしんどくなってしまいますし、できない時の自己嫌悪が大きくなってしまいます。

短期的にガッとクリアしなければいけない目標がある時はそんなことも言っていられませんが、何かを継続して長期的な目標を達成するときには、頑張りすぎないのがコツです。

もちろん個人差はありますが、自分がしんどいと続かないのは皆同じです。

動機は不純な方が、自己評価は高すぎるくらいの方が続くんです。

ナミエ

とは言っても、20%の力でやっていても変化がなさすぎて嫌になるので、常に60%くらいの力でやることをおすすめします。

加えて、はじめにも書いたように、しっかり自分で自分を褒めてあげることも大事ですよ。

マック 通常

褒めすぎると調子に乗って怠けちゃうから、褒めるのも「ほどほどに」ね!

Impossible is temporary. Impossible is nothing.

できないのは今だけだ。不可能なものなど何もない。

                     モハメド・アリ

引用:名言倶楽部

ナミエ

すっごい自信…。

マック 正解

このくらい自己評価高くやりましょう!笑

Impossible is temporary. Impossible is nothing. できないのは今だけだ。不可能なものなど何もない。

 

まとめ

英語の勉強で心が折れたときには下の3つのステップを実践してみましょう。

  1. まず自分を褒めてあげる
  2. 次に、冷静に目的を考えてみる
  3. 改めて今使っている教材のレベルを確認する

そして、英語の勉強を楽しく続けるためには、

  • 勉強のレベルを上げすぎない
  • 一人でやらない
  • 好きなものと英語を絡める

のがポイントです。

また、何事も続けるときには

  • なぜその目標を達成したいのか考えること
  • 内的動機付けをすること
  • 人を巻き込むこと
  • 60%くらいの力でほどほどにやること

この4つがとても大切です。

英語は突然話せるようになるものではなく、今日やって今日成長を実感できるものでもありません。

だからこそ、続けることが大切なんです。

続けるには、多少しんどくても楽しくないとつらいですよね。

ぜひ、英語を勉強することを楽しんでください。応援しています!

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎