【英会話】「金の切れ目は縁の切れ目!?」って、何と言う??!!

こんにちは!

今日はことわざについて学んでいきます!

海外留学やワーホリ、海外旅行をしたときに、外国の方と話をする機会があると思います。

 

長期の滞在になればなるほど、現地で友人ができるチャンスが広がりますよね。

仲良くなって一緒に遊びに行ったり、ご飯を食べたり。

It’s time to speak English!!  たくさん英語を話しましょう☆

 

…と、ここでトラブルが。

友人がお金を持っておらず、貸す羽目に。

数日たっても返してくれる様子もありません。

 

さて、困った

 

仲良くなった人とあったら困る、お金のトラブル…。

「こんな時なんて言えばいいの!!??」

なんてことのないように、この記事を読んで覚えておいてくださいね。

 

この記事では、「金の切れ目が縁の切れ目」といったことわざから、

日・英で似たことわざ、英語特有のことわざまで取り扱っています☆

これを読めばあなたもEnglish Proverb Masterになれますよ(^^♪

今日のことわざはコチラ

Stressed Man Touching His Face

「金の切れ目が縁の切れ目」

When poverty comes in at the door, love leaps out at the windows.
 「貧乏人がドアから入ると、恋人が窓から逃げ出す。」

Money gone, friends gone.

 

 「お金が無くなると、友人もいなくなった。」

Love lasts as long as money endures.

 

 「お金が続く限り、愛も続く。」

 

英語では3種類で表現するんですね!

 

しかもそれぞれ微妙に意味も違いますね。

使用する状況相手などによって使い分けられるといいでしょう。

 

 

ことわざっていつ使うの?

student sitting on chairs in front of chalkboardさて、設定です 笑

アメリカの大学にでも留学したとしましょう。

初めての授業、緊張しますよね。

 

ドアを開けて、とりあえず一人で座ります。

しばらくして、現地の学生さんが隣に座ります。

そしてとりあえず、挨拶がてらにその人と話すとしましょう。

 

あなた

Hello!!  Nice to meet you.  I’m Yoshio, from Japan.

訳:やぁ、はじめまして。日本から来たヨシオです。

      

相手

Nice to meet you, too.  I’m Jef, from the States.

訳:こちらこそよろしくね。ジェフっていうんだ。アメリカ人だよ。

 

…みたいな固い(笑)挨拶から入ります。

仲良くなってくると、色んなことを話すようになるでしょう。

 

日本の文化や伝統、文字など、アメリカでは触れないものを話す機会があるはず。

例えば「じぇふ」と平仮名を教えてあげたり、カタカナを教えてあげたり。

はたまた、「自得府」なんて漢字にしてみたり!

(外国の人は漢字好きですよね 笑)

 

その中で、一つ注目してほしいことがあります。

これは私自身も留学した際、外国人に話のネタとしてよく使っていました。

 

 

それは…

proverb”(ことわざ)です

情報提供者 Aさん

なぜことわざがネタになるのか、皆さんご存じですか?

日本語と英語のことわざって違うものがたくさんあるんです。

学校で聞いたことのある人はいるかもしれませんが、

teacher(体験談用)

日本のことわざ「覆水盆に返らず」は、英語では、”There is no use crying over spilt milk.”(こぼれたミルクを嘆いても仕方がない)となります。

 

似たような表現ですが、微妙な違いがありますよね。

ここで注目したいのが、国や言語ごとに異なる文化の違いです。

日英における文化相違。

日本語の「水」はこのことわざでは “milk” つまり牛乳と表現します。

英米人の生活にはミルクが深い関係を持っているので、ことわざにもよく使われますが、日本の場合には「水」や「お茶」がよく使われます。

 

つまり、この「覆水盆に返らず」ということわざから、「こぼれる液体といえば何をイメージする

か」や「液体をくむにはどんな道具を使うか」といったお国柄や文化の違いを知れるように、ことわ

ざには国や言語ごとの文化が反映されているのです。

teacher(体験談用)

日本語・英語を問わず、ことわざを会話に取り入れると表現に深みが生まれます

 

では他のことわざも見てみましょう…。

 

日・英で似たような意味のことわざ


ちりも積もれば山となる。

Many drops make a shower.

 

直訳「多くの水滴が集まればシャワーになる」

意味「こつこつ努力し続ければ、何かを成し遂げることができる」

 

三人寄れば文殊の知恵。

Two heads are better than one.

 

直訳 「2人の頭脳は1人の頭脳に勝る」

意味 「大切なことを決めるには、1人であれこれ考えるより人に相談するほうがいい」

ナミエ

…日本より一人少ないんですね( ;∀;)

 

触らぬ神に崇りなし。 / 寝た子は起こすな。

Let sleeping dogs lie.

 

直訳「眠っている犬はそのまま寝かせておこう」

意味「面倒になりそうなことは、そっとしておくのがいい」

 

取らぬ狸の皮算用。

Don’t count your chickens before they are hatched.

 

直訳「卵がかえらないうちに、ヒヨコの数を数えるな」

意味「不確かなことに期待して、計画をあれこれ立ててはいけない」

 

海外オリジナルことわざ

翻訳元, シールド, ラベル, 文字, レトロ, シンボル, 時代遅れ, キャプション, 黒, 白

 

Two wrongs don’t make a right.

意味「他の人が悪い事をしていても、自分も同じことをして良いということではない。」

 

teacher(体験談用)

やり返す・復讐はよくないということ。〇〇倍返しはTVだけに!!??

 

The pen is mightier than the sword.

【意味】ペンには剣よりも強い力がある

 

teacher(体験談用)

ここでのペンは言葉・言論という意味があります。これカッコいいですね!!

 

 

まとめ

Person Using Tablet Computer

「金の切れ目が縁の切れ目 のおさらいです」

 

・ When poverty comes in at the door, love leaps out at the windows.

・ Money gone, friends gone.

・ Love lasts as long as money endures.

 

日本語と英語の違いについて、今後も書いていければと思います!

日本語は1つの表現でも、外国語になると多彩ですね!

日本語と英語以外にも、フランス語や中国語など、ほかの外国語との組み合わせでも

色々と表現があると思います。

 

文化が違えば思いや表現も違う…

言葉って本当に深いですよね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎