クリスマスと年末年始の挨拶を英語でスマートに言ってみよう!

クリスマスカードに英語でメッセージを書きたいけど、言い回しがよくわからなくて・・」

ドキドキワクワクする季節なのに、英語で挨拶ってなったとたん一気にトーンダウン。英語で挨拶は難しいですよね。

英語でオシャレにメッセージを書きたかったり、初めてできた外国人の友達にスマートに挨拶したかったり。あるいは仕事上どうしても英語で挨拶をしなければいけなかったり。

「Merry Christmasって軽い感じに聞こえるけど、目上の人にも失礼じゃないのかな?」

年末とか年始って英語でなんて挨拶したらいいの⁈」

「そもそもクリスマスのお祝いってキリスト教なのに誰にでも言って大丈夫⁈」

考え出したらキリがないですよね。

でも大丈夫です!

この記事では、これからの時期に使える季節の挨拶をシーン別にわかりやすくご紹介します。

また日本と海外のホリデーシーズンの文化の違いについても説明しているので、メッセージを送る時にきっと役に立つはず!

最後まで読むときっと今すぐにでも英語で挨拶したくなっちゃいますよ。

クリスマスや年末年始の挨拶を英語で言うと?

クリスマスと年末年始の挨拶を兼ねる場合

マック 通常

クリスマスと年末の挨拶を兼ねるなんて、日本じゃ考えられないなぁ。

ナミエ

たしかにそうだけど、海外ではごくごく一般的なことなのよ。

ミキ

お祭りが1度に来た~みたいな?

ナミエ

ミキちゃん相変わらずね・・・これについてはあとから文化の違いで説明するわ。

Merry Christmas and a Happy New Year . (素敵なクリスマスと素晴らしい新年を。)

迷ったらシンプルにこれを使いましょう。

”Merry Christmas”はクリスマスを祝う言葉なので、上司や取引先の方など目上の方に使っても大丈夫ですよ。

I wish you all for a Happy Christmas. All the best for the New Year.(幸せなクリスマスを過ごせますように。新年のご多幸をお祈りします。)

日本のビジネスシーンではよく使われる「明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」は、日本ならではの挨拶です。

英語圏ではそのような挨拶をする習慣はありませんので、気を付けてくださいね。

ミキ

えーそうなんですかぁ⁈びっくりなんですけど!

ナミエ

日本特有の奥ゆかしさがあふれてるけど、外国人にしてみれば「わざわざなに言ってるの?」かもね。

May this Christmas end the year on a cheerful note and make way for a fresh and bright New Year.(このクリスマスが一年を楽しく締めくくり、明るい新たな一年に繋がりますように。)

丁寧な挨拶で失礼がないですよね。これならビジネスシーンでも、友人に送るクリスマスカードにも間違いないフレーズです。

クリスマスだけを祝う挨拶の場合

Merry Christmas with lots of love.(たくさんの愛をこめてメリークリスマス。)
ミキ

これ使ってみたい!愛をこめてって素敵!

May the miracle of Christmas fill your heart with warmth and love. Merry Christmas.(クリスマスの奇跡が、あなたの心を温かさと愛でいっぱいになりますように。メリークリスマス。)
恋人以外に”LOVE”を使うのは少し照れくさいような気がしますが、どんどん使ってOK!
英語圏では家族や仲の良い友達同士にも使われるので、むしろ積極的に使ってネイティブっぽく挨拶しましょう。

I hope you enjoy a wonderful Christmas season.(どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください。)
ナミエ

ちなみにだけど、SNSやメールで挨拶する時は”Christmas”を略して”Xmas”と書かない方がいいと思うわ。

フォーマルな表現の時は適切ではないため、普段から”Christmas”を使うようにしておくと間違いないでしょう。

年末や年始の挨拶の場合

ナミエ

日本人は「良いお年を」て言うけどね。

マック 通常

てことは外国人は「良いお年を」に当たることを言わないの?

ナミエ

日本人とは少しニュアンスが違うみたいね。

Have a happy new year.(素敵な新年をお迎えください。)
ナミエ

これは年末に使えるシンプルな言い回しで、SNSで気軽に送れそう。

I wish this year will be the happiest and best for you.(今年1年があなたにとって最高の年になるようお祈り申し上げます。)
マック 通常

なんか英語できる人って感じでいいじゃん!

Happy New Year! How was your holiday?(明けましておめでとう!休暇はどうだった?)

ミキ

新年の挨拶なのに、よろしくお願いしますもなし?いきなりこんなこと聞いちゃって大丈夫なんですかー?

ナミエ

海外では新年に重きを置いていないから、いきなり聞いてもOK。

ナミエ

ついでに言うと英語には「来年もよろしくお願いします」という改まった言葉が無いのよ。

マック 通常

所変われば水変わるってことね。

宗教上の問題は大丈夫⁈あたさわりなく挨拶したいとき

「Merry Christmas」は万国共通ではありません。

世界にはたくさんの人種が存在し、それに伴い様々な宗教も存在しています。近年、宗教に関する行事や挨拶に対して社会全体が配慮するようになってきています。

特にキリスト教の祝日であるクリスマスは、クリスチャンではない人たちへの配慮として、「Merry Christmas」の代わりに「Happy Holidays」と挨拶することが主流となっているんです。

Happy Holidays and warm wishes for 2021.(素敵な休暇と2021年のご多幸をお祈りいたします。)
マック 通常

いいね!スマートな挨拶だな。

Wishing you a beautiful Holiday Season and a New Year of Peace and Happiness.(素敵な休暇と新年が平和で幸せなものになりますように。)
ナミエ

相手の立場を思いやる優しさを大切にしたいわね。

マック 通常

改めて思うけど、日本てなんでもアリな不思議な国だよね。

ミキ

わたしはキリスト教じゃないけどぜんぜん平気!

挨拶する時期に決まりはあるの?

クリスマスカードの場合

11月下旬から12月上旬に届くようにすると良いでしょう。

日本では年賀状は元旦に届くようにするべし!という暗黙のルールがあるので、気が早すぎるように思うかもしれません。

しかしアメリカでは感謝祭(11月の第4木曜日)からクリスマスムード全開!郷に入っては郷に従えですよ。

感謝祭とは?

アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつで、アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日になっている。(英語: Thanksgiving Day

イギリスからアメリカにわたってきたpilgrim(ピルグリム)と呼ばれる人たちが、新しい土地での初めての収穫を神に感謝したことが起源。

ナミエ

気を付けたいのはカードを日本から海外に送るときね。

ミキ

到着までの期間も頭に入れとかないと!ですね。

口頭で挨拶する場合

「Merry Christmas!」は12月初めから当日まで言います。

しかしクリスマスまでもう会う予定がない場合は、11月の下旬でも使って大丈夫です。

マック 通常

気が早いような気がするけど、結構長い期間言うんだな。

「Happy new year!」は12月26日から年明けまで使います。

日本で使う“Happy New Year”は新年の挨拶の意味合いが強いですが、海外では「良いお年を」の意味でもあるので、年末から使っても問題ないのです。
年が明ければ「明けましておめでとうございます」の意味で使うこともできます。
ミキ

“Happy New Year”ってオールマイティーなのね~便利!

だいたい年が明けて1~2週間くらいの間、その年初めて会う相手に使うと良いでしょう。

【豆知識】日本と海外の文化の違いを知ろう!

日本のクリスマスといえば、恋人と愛を深める日としてロマンチックにディナーやプレゼントを渡すことが頭に浮かびませんか?

しかも25日よりもクリスマスイブで、この日にクリスマスケーキを食べたり、フライドチキンを食べる方も多いのではないでしょうか?

しかし、これは日本だけの文化です。

ミキ

ケンタッキーもクリスマスケーキも食べないの⁈信じられない!

マック 通常

知ってる?クリスマスケーキは日本発祥なんだぜ。

ナミエ

アメリカではケーキではなく、クリスマスをイメージする雪だるまやツリーなどを型どったクッキーを食べることが多いわね。

欧米のクリスマスは家族や親戚一同が集まって、普段は食べない豪華な食事を食べながらっくり団欒を楽しむのです。食事はメインは七面鳥や羊肉などが多いですね。

マック 通常

日本人に七面鳥は敷居が高い・・。

日本ではクリスマスが終われば、バタバタと和風の年末年始仕様に様変わり!しかし海外ではクリスマスから年始までの期間をまとめてとらえる文化があります。

クリスマスとお正月を切り離して考える日本人には違和感があるかもしれませんね。

また日本では年末年始に長い休みを取りますが、欧米ではクリスマス休暇の方が長く、年始は1月2日から仕事や学校が始まることが多いのです。

ミキ

クリスマスのほうが大切ってことなの?

ナミエ

海外ではお正月はあっさりしてるの。これが文化の違いね。

まとめ

  • 時期を見極めて適切な挨拶をしよう
  • クリスチャンでない方への配慮をお忘れなく
  • 郷に入っては郷に従え!海外の文化を知っておこう

間違えちゃだめと思うとなかなか気軽に言い出せなかったりして結局言いそびれたり。

でもそれってすごくもったいないことしてますよね。

なんならこれを機にオンライン英会話を始めて、ネイティブの方と交流を深めるのもいいですよね。

ひとつでもふたつでも、季節の挨拶をマスターしてホリデーシーズンを思いっきり楽しんじゃいましょう!

Have a wonderful holiday!

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎