オンライン英会話のレッスンは録音すべし!おすすめの録音アプリ

オンライン英会話のレッスンの際に、「あれ?今なんて言ったんだろう?」「今の発音聞き取れなかった」なんてことがありますよね。

聞き返そうにもタイミングを逃したり、レッスンが進んでしまったりで、ついつい分からないままにしていませんか?

そんな時に役に立つのが録音アプリなんです!

録音アプリを活用することでうっかり聞き逃した発音や、分からないフレーズなどをレッスンが終わった後で何回でも聞き返すことができるんです。

他にも、自分の英語の発音を客観的に聞くことができたり、レッスンの復習ができるなど多くのメリットがありますが、録音する際に注意すべきこともいくつかあります。

なので今回は数あるアプリの中で、おすすめの録音アプリ3つと、録音するメリットや注意点について紹介していきます。

オンライン英会話のレッスンはなぜ録音したほうがいいのか

なぜオンライン英会話のレッスンを録音するべきなのか、理由はこの3つです。

録音する理由

・レッスン時間が短い

・聞き逃しがなくなる

・発音の確認ができる

レッスン時間が短い

オンライン英会話のレッスンの多くが25分と短い時間となっています。

なので、レッスンに集中するとあっという間に時間が過ぎてしまい、あとから「どこを指摘されたっけ?」など途中の記憶が途切れてしまうことがあります。

録音することで、レッスンが終わった後に「ここを指摘されたのか」と復習することができるんです。

ミキ

集中すると時間がすぎるのが早いもんね。

聞き逃しがなくなる

レッスンの最中に、「今なんて言ったのかな?」と聞き逃したりする場面って結構ありますよね

「今なんて言ったのですか?」と聞き返そうと思っても、レッスンが先に進んでしまいタイミングを失ってしまったり「そもそも英語でなんて聞き返せばいいんだ!」と分からないままにしているともったいないですよね。

録音をすることで、「こんな事を言っていたのか」と分からなかった部分を聞き返すことができるので、 聞き逃しを無くすことができるんです。

ナミエ

正確に言うと「レッスンでは聞き逃してるけど、録音で聞き返せる」ってことね。

発音の確認ができる

英会話において発音はとても重要で、録音することで講師のネイティブの発音を繰り返し聞くことができます。

また、自分の発音も確認することができるので「上手く発音してるつもりでも出来ていなかった」など客観的に聞くことが出来ます。

私達の話す日本語は、母音が「あ・い・う・え・お」の5種類しか有りませんが、英語には24種類もの母音があると言われています。

ミキ

約5倍以上もあるの!

ナミエ

上手く発音したつもりでも、日本語の母音に引っ張られてカタカナ英語のような発音になってしまうと通じないのよ。

なので、英会話の上達を目指すなら単語や文法と同じくらい「発音」も大切にしないといけません。

マック 通常

録音する理由はわかったけど、スマホに最初からある録音アプリじゃだめなのかな?

ナミエ

もちろん問題ないわ。でも、これからおすすめする録音アプリはデフォルトのアプリにはない便利な機能があるのよ。

厳選!おすすめ録音アプリ3つ!

おすすめの録音アプリですが、iPhone、Android専用、またはその両方に対応しているアプリ3つを厳選しました!

おすすめ録音アプリ!

・Otter:iPhone、Android対応

・ボイスレコーダー 高音質ボイスメモ&録音:iPhone対応

・簡単ボイスレコーダー:Android対応

Otter:iPhone、Android対応

こちらのアプリは英会話に特化したアプリで、会話を録音しながら英語で文字起こしができるアプリです。

主な機能

・録音した音声を英語でテキスト化

・声紋で自動振り分け

・写真やテキストの挿入も可能

・再生速度の変更(0.5〜3倍速)

録音しながら会話の内容を英語で文字起こしてくれるので、英会話のレッスンを音声と一緒に文字で記録することが出来ます。

声紋で個人を認識し、レッスンの際に講師の方と自分の発言を分けて文字起こししてくれるので、聞き返した際に発言を分けて確認することが可能です。

また、録音中にカメラで撮影した写真を一緒に記録できるので、オンライン英会話以外にも英語の会議の際にも活用することが出来ます。

再生速度の変更も可能なので、発音を聞きたいときにゆっくり再生したり、倍速での再生もできますのでリスニング力強化に活用するのにも役立ちますね。

無料版では月に600分録音することが出来ますので、25分のレッスンだと24回録音出来るため無料でも十分使えるアプリとなっています

唯一の欠点は日本語対応していないので、操作画面がすべて英語表記となっており、使い慣れるまでが少し不便だと感じるかもしれません。

Otter-自動文字起こし・英語の音声をテキスト変換

Otter-自動文字起こし・英語の音声をテキスト変換
開発元:AISense Inc.
無料
posted withアプリーチ

ボイスレコーダー 高音質ボイスメモ&録音:iPhone対応

高音質、長時間の録音にも対応しており、操作方法もシンプルなアプリです。

主な機能

・高音質での録音が可能

・再生速度の変更(0.5〜2倍速)

・クラウド上で管理できる

・メールでの送信も可能

高音質での録音が可能なので、再生した際の音声の聞き取りやすさは抜群です! 

再生速度も変更できるので、聞き取りにくかった部分も高音質でゆっくりと聞き返すことが出来ます。

また、録音した音声をメールで送信できたり、DropboxやEvernoteなどのクラウドへ音声ファイルを連携できるのでファイルの管理も簡単に行うことが出来ます。

操作方法がシンプルで、全て日本語表記なので、学生からビジネスマンまで授業や会議など幅広く活用できるアプリです。

ボイスレコーダー - 高音質ボイスメモ&録音

ボイスレコーダー – 高音質ボイスメモ&録音
開発元:Studio Zebra
無料
posted withアプリーチ

簡単ボイスレコーダー:Android対応

上記の「ボイスレコーダー」のAndroid版という感じで、操作方法はシンプルで、ボイスメモや会議など細かい設定をすることができるアプリです。

主な機能

・音質の設定が可能

・クラウド上で管理できる

・ウィジェット操作が可能

・ボイスメモ、会議など細かい状況ごとの設定が可能

音質を「高・中・低」の3段階で変更できるので、容量に合わせて録音する音質を変えることが出来ます。 

こちらのアプリもクラウド上で管理、メールでの送信に対応しているので、録音したファイルに名前をつけて簡単に管理することが出来ます。

また、ウィジェット操作が可能なので、わざわざアプリを起動させなくてもホーム画面から直接操作することが出来るので、すぐに録音しなければいけないときなどに便利です。

こちらのアプリは、「ボイスメモ・会議&講義・音楽&ライブサウンド」の3種類の録音目的を設定することが出来ます。

英会話のレッスンなど音源が近い時には「ボイスメモ」で録音、会議や講義の際には「会議&講義」の設定にすることで広範囲の音を録音することが出来ます。

注意が必要なのは「ボイスメモ」のまま会議や講義を録音すると声がマイクに届かなくなり、音声が小さくなったりするので設定の確認をしなければいけません。

簡単ボイスレコーダー

簡単ボイスレコーダー
開発元:Digipom
無料
posted withアプリーチ

録音することのメリット

レッスンを録音することで、次のようなメリットがあります。

録音するメリット

・自分の声が聞ける

・レッスンを何回も受けられる

・ミスや間違いに気付ける

自分の声が聞ける

自分の声を聞くことは英会話においてとても大切なんです。 

レッスン中の自分の発言をすべて記憶することは不可能だと思うので、録音した自分の声を聞いて「こんな会話をしていたのか」と自分のスピーキング能力を客観的に聞くことが出来ます。

また、講師の方の質問に対してちゃんと答えられていたつもりでも、録音した音源を聞いてみると「この文法はおかしかったかな」「声ちっさいな!」など改善点も分かってきます。

このように、自分の発音であったり、声を客観的に聞くことで改善点や、「思ってた以上に会話が成立しているな」など知ることができるメリットがあります。

レッスンを何回も受けることができる

英会話のレッスンを録音することで、通常1回で終わるレッスンを何回も聞き返すことが出来ます。 

ということは何回も、何十回も、何百回も・・・はちょっと言いすぎですが、同じレッスンを何回も受けることができるメリットがあります。

例えば、レッスンの中で講師の方に5つ質問された場合、録音することで同じ質問に対して違う答えを5つ考えることが出来ます。

このように1回で終わってしまうレッスンを何回も受けることで、同じ質問に対する違う答えであったり、違う言い回しや文法を勉強することができるんです。

ミスや間違いに気づける

レッスン中は必死なので気づきにくいですが、後から録音を聞き返してみると、自分がよくする間違いや文法のミスに気づくことが出来ます。

ミスや間違いに講師の方も気づかなかったりする場合もあるので、自分で聞いて気づくことができるメリットがあります。

例えば「過去形で話す場面で現在形で話している」「三単現のSをつけ忘れている事が多い」など、自分のよくするミスや表現の間違いに気づくことで、「次のレッスンでは注意しよう」と意識付けが出来ます。

ミキ

こんなメリットが有るなら全部のレッスンを録音しちゃおう♪

ナミエ

チョット待って!録音する上で注意するべきこともいくつかあるのよ。

ミキ

えぇ!そうなの!!

録音するときの注意点

ミキ

注意するって、まさか「録音法違反で逮捕!」なんてことにならないわよね。

ナミエ

そこまで深刻じゃないんだけど・・・あとそんな法律無いわよ。

レッスンを録音する際に、注意が必要な点がこの3つです。

録音する際の注意点

・許可を取る

・ハウリングに注意

・ポイントを絞って学習

許可を取る

勉強に役立てるためとはいえ、勝手にレッスンを録音しないように注意しましょう。 

ネットが発達している今の時代、録音した音源が拡散されて大きなトラブルに巻き込まれてしまいかねませんので「このレッスンを録音してもいいですか?」と一言許可をもらうようにしましょう。

講師の方も勉強に役立てる目的だと説明すれば理解してもらえるので、くれぐれも勝手に録音しないようにしましょう。

このレッスンを録音してもいいですか?:Can I record this lesson?

ハウリングに注意

会話を録音するので、ヘッドセット無しでレッスンを受けなければいけません。

なので、相手の音声を自分のマイクが拾ってしまうことで起きるハウリングに注意しましょう。

ハウリング自体はそこまで頻繁に起きることは有りませんが、スピーカーの音量が大きかったり、マイクに近づきすぎるとハウリングを起こしやすいのでそこだけは注意が必要です。

ミキ

カラオケなんかで「キーン」てなるやつよね。

ポイントを絞って学習する

録音しているのでついつい何回も聞いてしまったり、全部を覚えようとしないように注意しましょう。

25分間のレッスンをまるっと全部復習するのは実は非効率な学習方法なんです。

それよりも、「ここの発音が苦手」「この質問は返せなかった」など、1レッスンで2〜3つのポイントに絞って学習するようにしましょう。

ポイントを絞ることで覚えやすくなり、改善もしやすくなります。

録音する→全部覚えようとする→時間が足りない→次のレッスン→録音する→全部を覚えようとする・・・・というような非効率な復習の連鎖が起きないようにしましょう。

ナミエ

復習も大切だけどやりすぎには注意が必要ってことね。

復習することで学習効率アップ!

英会話を学習する上で重要なのは「インプット→アウトプット」を繰り返すことです。 

英会話のレッスンだけでは「新しいことをインプットする→会話や発音をすることでアウトプットする」までで終わってしまいます。

ここで録音アプリでレッスンを復習することで「学んだことを改めてインプット→次のレッスンでアウトプット」というようにインプット・アウトプットを何回も繰り返すことができます。

このインプット・アウトプットを繰り返すことで、1回のレッスンでも効率よく学習する事ができるのです。

録音アプリを上手く活用することでもっと効率よく英会話学習をしましょう。

情報提供者 Aさん

よし、アプリダウンロード完了!

ナミエ

行動が早いわね・・・

まとめ

・オンライン英会話のレッスンは聞き逃し、発音確認のために録音するべき!

・おすすめのアプリは3つ

・録音することで、レッスンを何回も受けられるなどメリットも!

・録音する際にも許可を取るなどトラブルがないように注意が必要!

・録音によってインプット、アウトプットを繰り返し復習することで学習効率を上げよう

「聞き逃してしまった」「今なんて発音したのだろう?」とわからないままにしてしまうとせっかくのレッスンがもったいないですよね。

注意しなければいけないこともありますが、録音アプリを使うことで、復習や自分の発音を確認することが出来るメリットがあります。

25分という短い時間のレッスンですが、録音アプリを上手く活用することで学習効率を上げましょう!

【関連記事一覧】

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎