【オンライン英会話】ネイティブ講師のみに教わるメリットデメリット

オンライン英会話は講師選びが大事って聞くけど、やっぱりネイティブに教わるべき?」

ネイティブはもちろん発音も綺麗ですし、教わるメリットはたくさんあります。しかしデメリットがあるのも事実。何事も一長一短です。

英語を始めたばかりなのに「やっぱり英会話を学ぶならネイティブ講師がいいはず!」と何も考えず選んでしまうと、発音はいいけど話すスピードが速すぎて何を言っているかわからない、なんてことも。

講師選びは確かに重要です。毎回自分で講師を選べるのはオンライン英会話ならではのメリット。

でもそれは「こういう講師が良い」というよりも、要は自分のレベルや目的に合った講師を選ぶことが大事!ってことです。

私もいろいろレッスンを受けましたが、ネイティブ・日本人・フィリピン人・それ以外、それぞれに良さがありました。

そこで、ネイティブ講師に教わるメリットとデメリット、そしてあなたに合っているのはどんな講師かをこの記事でお伝えします。

うまく自分に合った講師を選んで、英会話力を上げていきましょう!

オンライン英会話でネイティブ講師に教わるメリット

英語の綺麗な発音を聞ける

当然ですが、ネイティブの講師は発音がきれいです。リスニング力や発音力を上げたい時に、ネイティブ講師に教わるのはとても効果的です。

ナミエ

変な発音で覚えてしまうと後からなおすのに苦労するしね。

フィリピン講師や他の非ネイティブ講師でもきれいな発音の先生は多いですが、時折発音にクセがあったり文法が完璧でない講師もいます。

やはりきれいな発音を聞きたいのであれば、ネイティブ講師のレッスンを受けるのが確実です。

ネイティブの英語のスピード、リズムに慣れられる

ネイティブが話す英語は、やっぱり速いです。

彼らは基本的に英語の中で生まれ育っているので、私たちが日本語を話すように英語を話します。

英語のCDでもよく「これから流れる英会話を聞いて〜・・・」という日本語の問題文はとってもゆっくり読まれているんですよね。でも日本で普段そんなにゆっくりていねいに話す人はほとんどいません。

それと同じように、現地で飛び交っている会話は大抵の場合想像以上に速いです。

しかも、英語は日本語よりもリズム感が大事な言語です。

英語の勉強をしたつもりでも、いざ現地に行ってみると話すのは速くてついていけないわ、自分から話してみてもなんか会話がぎこちないわ・・・ということが少なくありません。

一方的に意見を伝えるだけならそれほど支障はないかもしれませんが、「会話」をしたいのであれば、スピードとテンポ感・リズムは学んだ方が良いです。

マック 通常

これを実体験で学べるのはネイティブ講師に教わるメリットですよ。

現地の文化も学べる

ネイティブ講師は現地で生活をしているので、その国の文化を知っています。留学しようとしているのなら、日常生活のことを聞けたり、現地の学校の話を聞けたりするのは嬉しいですよね。

さらに、言語と文化というのはとても深く結びついています

ナミエ

日本語の「いただきます」「よろしくお願いします」や「わびさび」などはわかりやすく日本の文化を表している言葉だよね

その国の文化を知ることで英語を学ぶのがより面白くなります。

現地に行く予定があるならもちろん、そうでなくても現地の文化を知ることは英語を使う際にいろいろな役に立ちますよ。

マック 通常

先生の出身国には注意して選びましょうね。

生きた英語が学べる

ネイティブ講師から英会話を教わると、ネイティブ特有の言い回しやスラングも学ぶことができます。これは、英語を母国語としている人でないとなかなか難しいです。

相手がスラングを使ってきた時に、それを知らないと全く意味がわからなかったりします。

ナミエ

日本でお金のことを「諭吉」って言ったりするのも、外国人からすると「は?」って感じだよね。

スラングは砕けた表現のためビジネスシーンで使うことはほとんどありませんが、ネイティブ特有の言い回しはビジネスシーンでも多く見かけます。

マック 通常

They are afraid of missing the boat.

これ、どういう意味かわかりますか?

ナミエ

彼らはそのボートを逃すのを恐れている…?旅行の話?

マック 不正解

Wrong! たしかに直訳するとそうなるね。

でもこれは、「彼らはチャンスを逃すことを恐れている」という意味なんだ。

意味を知らないと、ビジネスシーンで突然「boat」という単語が出てくるとびっくりしますよね。

マック 通常

こういうことをレッスンの中で学べるのはネイティブ講師ならではだね。

I don’t want to miss the boat. チャンスを逃したくない。

オンライン英会話でネイティブ講師に教わるデメリット

非ネイティブ講師に比べて価格が高い、予約が取りにくい

全体的に見て、非ネイティブのフィリピン人講師や外国人講師に比べるとやはり価格は高くなります

さらにネイティブ講師のいる英会話もそれほど多くないので選択肢は限られるうえ、そもそもネイティブ講師の母数が少ないので予約が取りにくい状況は少なくありません

ナミエ

やっぱり人気が高い先生ほど予約は難しいよね〜。

レッスンのレベル感が高い

ネイティブ講師の中には日本語を全く話せない人もいます。

ミキ

英語はほとんどわかりません、でも最初はネイティブの発音を聞くのがいいと思って!

ナミエ

いやいやいやいやちょっと待って!

いきなりネイティブ講師に教わると、ほとんど意思の疎通ができずに時間が終わる、なんてことも。

「こう答えたいのですが、英語でなんていうかわかりません」という質問ができないのってなかなか辛いです。結局、話せるようになるというよりは、「こう聞かれたらこう答えよう」というセットを覚えて終わってしまいます。

どれだけきれいな発音を聞いても、使えるようにならなければ何の役にも立ちませんよ!

ナミエ

耳を鍛えるだけなのであれば、初めは簡単な内容をゆっくり話してくれるCDなど方が良いと思います。

 

教え方がうまいとは限らない

ネイティブは、初めから英語を話せる人たちです。「生まれて、物心がついた時には英語を話していた」となると、英語を話せない人の気持ちは理解できません。

正直、ネイティブにとっては「外国の人はなんでできないの?」というようなこともあります。あからさまにそう言われることはありませんが、自分が初めからできることを人に教えるというのは難しいものです。

私たちも、日本語の助詞「が」と「の」がどう違うのかと聞かれた時にわかりやすく教えることができる人は少ないでしょう。

ネイティブに教わりたい、というのであれば、TESOLを持っている講師を選びましょう。

TESOLとは

TESOL=Teaching English to Speakers of Other Languages

非ネイティブに英語を教えるための資格です。

他にも英語教授法の資格はありますが、これらを持っている講師は基本的な教え方を学んでいるということです。

TESOLを持っている講師のレッスンを受けた体験談はこちらに書いています。

ネイティブ講師はあなたに合っている?自分に合った講師の選び方

前述したように、ネイティブ講師にもメリットデメリットはありますし、それはどんな講師でもあります。

あなたのレベルや目的に合わせて上手に選ぶことが大切です。

「そんなんじゃあ具体的にどう選べばええねん!」というあなたに、これから選び方をお伝えしますね。

自分のレベルで選ぶ

初心者で、「さあ今から英語を勉強し始めよう」という人なら、分からない人の気持ちも理解して教えてくれるフィリピン人や日本人講師がおすすめです。

日本人講師では、(どうしてもという時に限り)日本語でサポートしつつ指導してくれるので怖がらずに受けることができます。

ミキ

日本語が通じるというだけで心強いね。

ナミエ

ネイティブキャンプ公式HP)は日本人講師もいて安心よ。

初心者でネイティブに教わりたいならTESOL(国際的英語指導資格)を持っている講師を選ぶのが良いですね。

マック 通常

ちなみにvipabc公式HP)は講師全員がTESOL保持者です。

逆にある程度英語を理解できるのであれば、日本語を使えない環境に身をおいたほうが上達は早くなります。

ナミエ

日本語OKだとそっちに逃げちゃうもんね…。

日本語禁止の環境ってこんな感じです。(これはフィリピン人講師のレッスンです。)

「とにかく早く身に付けたい、話せるようになりたい」なら、非ネイティブ講師のレッスンをたくさん予約してたくさん話すのが近道です。

目的(英語を使いたいシチュエーション)で選ぶ

レベルと同時に、どんなシーンで英語を使いたいかによっても適切なレッスンは変わります。

実際に外国に行って現地で生活する予定なら、ネイティブのレッスンは受けておいた方が良いです。「ネイティブと会話する」ことに慣れておくと現地での安心感が違います。

また、ビジネスシーンと日常会話でも違いますし、仕事で使うのであれば、ビジネス英語を強みとした英会話もあります。

ナミエ

Bizmates公式HP)ではビジネスマナーも一緒に学べるんですよ。

ミキ

私はビジネスというよりは海外旅行に行ったり、外国に友達を作ったりしたい!でも英語は中学の授業くらいの記憶がうっすらある程度 ・・・。

マック 通常

それなら、まずは日本人講師か、ネイティブと話すことに抵抗がないならTOSELを持っているネイティブの先生が良さそうだね。

初心者で、英語に少なからず壁を感じるタイプならまずは日本語可の講師に教わって、慣れてきたらネイティブの先生のレッスンに切り替えるのがおすすめです。

今まで英語を話していた経験があって、日本で生活していても忘れないように英会話を楽しみたい程度なら、非ネイティブの講師が比較的安価で良いですよ。

「ネイティブのみのレッスンを受ける」というのは、

  • ある程度独学で勉強をしていて、実際にネイティブと話すことに慣れておきたいという場合
  • 基礎ができたうえで、さらに実践を積みたい場合

にはとてもおすすめです。

ただ、上記以外の場合は、メリットデメリットを考えたうえでいろいろ受けてみるのが良いのではないでしょうか。日本人、非ネイティブ外国人にもそれぞれ良さがありますしね。

こちらの記事にネイティブキャンプvipabcBizmates、またレアジョブ公式HP)も含めたオススメの英会話とその特徴をまとめていますので、自分にあっている英会話が分からなければ、まずこちらを見ていただければと思います。

ライフスタイルやカリキュラムも見て、受けやすそうなものを2つ3つほど無料体験してみるのがおすすめの選び方です。

まとめ

  • オンライン英会話でネイティブ講師に教わるメリット
    • 発音がきれい
    • スピード、リズム感に慣れられる
    • 現地の文化も知ることができる
    • ネイティブ特有の言い回しを学べる
  • オンライン英会話でネイティブ講師に教わるデメリット
    • 価格が高い、予約しにくい
    • レベル感が高い
    • 教え方がうまいとは限らない
  • 自分のレベルと目的にあった講師を選ぶことが大事
  • ネイティブ講師は中級〜上級者向け

大前提として、講師も人間なのでいろんな人がいますし、相性も人それぞれです。

自分がどういう英語を学びたいかをしっかりと考えることが大切ですね。

まあこれだけ言っていても実際受けてみないことにはわからないと思うので、まずは体験してみて、そして実感してみてください!

英語は継続することが大事です。続けられそうなものを選んで、無理しすぎない程度に楽しく英会話力をアップしていきましょう!

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎