toeic高得点でも英語は話せない?英会話のレベルを上げる方法!

toeicで何点くらい取れれば英語が話せるようになるの?」と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

実は、toeicが高得点でも必ず英語が話せるわけではないんです。

「toeic」と言っても種類が有り、リスニングやリーディング以外にもライティング、スピーキングと複数のテストがあることをご存知でしたか?

普段私達が就職試験などで聞かれるtoeicのスコアは「TOEIC Listening & Reading テスト」のスコアのことで、リスニング、リーディングの能力しか採点されていないのです。

toeicで高得点(900点台)を取るためには1550時間必要と言われていますが、英語が話せるようになりたくてtoeic学習にこの時間を使っている方は非常にもったいないです!

「じゃあどうすれば効率よく学習することができるの?」

なんて思っているあなた!オンライン英会話で英会話のレベルを上げながら学習するのがおすすめなんです!

ではなぜオンライン英会話がおすすめなのか、また、そもそもtoeicとは何なのか解説していきます。

toeic高得点=英語が話せるわけではない!

まず、toeicで高得点を取ることができても必ず英語が話せるとは限りません!

冒頭でも説明しましたが、私達が普段耳にするtoeicのスコアのほとんどが「TOEIC Listening & Reading テスト」のスコアです。

このテストは、日常生活やビジネスの場で会話や文章でのやり取りなど、聞く力と、読む力しか測ることができないのです。

なので、「toeicで高得点なんだぜ!」と言いながらも、内心「話すのは苦手・・・」という方もいるようです。

このように、私達が今まで思っていた「toeic高得点=英語ペラペラ」というイメージは、この記事を読んで頂いた時点で記憶から取り出して、燃えるゴミの日に一緒に捨ててください。

マック 通常

ちょうどよかった、明日はゴミの日だった。

ナミエ

ちゃんと地域のルールに従ってゴミを出しましょうね。

ミキ

冗談は置いといて、英会話のレベルを上げるにはどうすればいいの?

英会話のレベルを上げる方法ですが、おすすめなのはオンライン英会話です!

英会話のレベルを上げるならオンライン英会話!

ミキ

なんでオンライン英会話がおすすめなのかしら?

オンライン英会話がおすすめなのには4つの理由があります

オンライン英会話がおすすめな理由

・ネイティブの英語を学べる。

・英語のみのやり取りで、話す力が身に付く。

・24時間、365日受講できる。

・場所の制限がなく、どこでも受けられる。

ネイティブの英語を学べる。

オンラインと言うだけあって、講師の方もアメリカ、カナダなど自分の住んでいる場所から授業をします。

なので、現地の方と授業できるため、よりネイティブな英会話を学ぶことができます。

発音や、文法だけでなく、地方ごとの方言なども肌で感じることができるので、「ネイティブの英語を学びたい」という方には特におすすめです。

英語のみのやり取りで、話す力が身に付く。

オンライン英会話では、基本的に授業をすべて英語で行うことが多いです。

講師の方も英語でしかこちらに話しかけないので「今なんて言ったんだ?」「雑談で何を話そう?」など英語で話す力を身につけることができます。

「習った文法を使ってこんな話をしよう」など、学習したことをアウトプットすることでより効率よく英会話力を身につけられるんです。

学んだことを応用する:Apply what you learn

24時間、365日受講できる。

「スケジュール調整が難しい」、「時間に余裕ができるのが深夜しかない」

そんな方でも、オンライン英会話は24時間365日受講できます。

毎日決まった時間じゃなくても自分が受けられる時間に合わせて授業できるので、英会話のためにスケジュールを調整しなくてもいいんです。

場所の制限がなく、どこでも受けられる。

ネット環境さえ整っていれば家でも、外出先でもどこでも英会話のレッスンができます。

ウェブカメラを使用しないオンライン英会話サイトだったら部屋でゴロゴロしながら授業を受けることだって出来ちゃうんです!

英会話スクールのように、その場所まで行って授業を受けなくていいので移動時間や交通費を考えてもオンライン英会話のほうが便利ですよね

「toeic学習だけでは英語が話せない!」「効率よく学習したい!」という方には断然オンライン英会話がおすすめです!

toeicと英会話の関係性

ミキ

オンライン英会話が英会話学習にいいのは分かったけど、なんでtoeicで高得点を取っても、英会話のレベルが上がらないのかしら?

ナミエ

いい所に気が付いたわね。実はtoeicスコアと英会話力には相関性がないからなの。

toeicスコアと英会話力の大きな違いとして、アウトプットの有無が関係してきます。

toeicの場合

toeicスコアは、単語や文法をインプットすることでスコアを上げることができるのですが、アウトプットすることがないので英会話のレベルを上げることが難しいのです。

toeic学習の流れ

単語・文法を覚える(インプット)→問題に答える→スコアアップ

英会話の場合

英会話力は、toeic同様単語や文法をインプットした後に必ずアウトプットが必要になります。

英会話の場合

単語・文法を覚える(インプット)→文章を作る→発音する(アウトプット)

なので、toeicのスコアアップのために勉強してもインプットが増えるばかりで重要なアウトプット(発音する)ことがないので英会話のレベルが上がりにくいんです。

ナミエ

簡単に説明すると、「水」=「water」って書くことができても、英語で「water」を正しく発音できないっていうことなの。

そもそもtoeicとは?

ミキ

ここまでtoeicについて解説してもらってきて今更ですが、そもそもtoeicって何なの?

toeicとはズバリ「英語によるコミュニケーションとビジネス能力を検定するための試験」のことです。

「英語コミュニケーション能力を公平公正に評価する世界共通の基準」とされており、990点満点で採点を行い、高得点ほど就職試験などでアピールすることができます。

toeicのスコアの基準

・400点以上:基礎力不足のため、まだアピールできないスコア。

・500点以上:基礎力が付いているが、履歴書に書いてもプラスにもマイナスにもならないスコア。

・600点以上:上場企業の一般社員に求められる平均スコアで、履歴書に書いてアピールできるスコア。

・700点以上:国際部門での業務遂行に必要なスコアで、十分に英語でアピールすることができるスコア。

・800点以上:外資系企業も含め、楽天では社員に条件と課しているスコアで、英語が強みと言いえるスコア。

・900点以上:企業側からみて、魅力的な人材で、受験者の3〜4%しかいない希少なスコア。

ナミエ

英語を話せるかどうかは別として、勉強する価値はあるかもしれないわね。

マック 通常

ちなみに「toeic」の読み方は分かるかな?

ミキ

「トエイック」かしら?

情報提供者 Aさん

「トイック」でしょ!

マック 正解

正解は「トーイック」が正式な読み方だから覚えておこう。

toeicにも実は種類があるんです!

「TOEIC Listening & Reading テスト」は聞く力、読む力を測るテストでしたが、実は他にもtoeicには数種類のテストがあるんです。

toeicのテストの種類

・TOEIC Listening & Reading テスト

・TOEIC Speaking & Writing テスト

・TOEIC Speaking テスト

・TOEIC Bridge テスト

TOEIC Listening & Reading テスト

私達がよく耳にするtoeicのテストはこれになり、英語によるコミュニケーション能力を幅広く測るテストです。

身近なシーンからビジネスまで、幅広い場面でのコミュニケーション英語能力を身に付けたい、初級から上級まで同一のモノサシで英語能力を確認したいという方向けのテストになっています。

スコアは10〜990点で、5点刻みのスコアで評価されます。

TOEIC Speaking & Writing テスト

効果的に英語でコミュニケーションするために必要な、話す・書く能力を直接測るテストです。

国際的なビジネスコミュニケーション場面での英語による発信能力の向上を目指す方や、 TOEIC L&Rを活用しながら、4技能(聞く・読む・話す・書く)をバランスよく伸ばしていきたいという方向けのテストです。

スコアは0〜200点で、10点刻みのスコアで評価されます。

TOEIC Speaking テスト

効果的に英語でコミュニケーションするために必要な、話す能力を直接測るテストです。

ネイティブとの英会話を楽しみたい、日常生活において、また仕事上必要なやりとりをするために適切に言葉を使いたいという方向けのテストです。

スコアは0〜200点で、10点刻みのスコアで評価されます。

TOEIC Bridge テスト

英語学習初級者から中級者を対象とした英語の力を測定する世界共通のテストのことです。

上記3つが上級者向けの「toeic」、こちらは初心者、中級者向けの「toeic」と言った感じで、同じtoeicでも2つのブランドで分けられています。

この「TOEIC Bridge」にも「TOEIC Bridge Listening & Reading テスト」「TOEIC Bridge Speaking & Writing テスト」の2種類があります。

スコアは30〜100点で、1点刻みのスコアで評価されます。

ナミエ

「toeic」は複数のテストで構成されたプログラムのことで、正式には「toeic program」と呼ばれているのよ。

toeicの必要性とは?

toeicのスコアは就職など、これからの英語が必要とされる世の中で資格として自分の英語力をアピールできる基準を作ることができるとても重要なテストです。

toeicのスコアの基準でも書いたように、上場企業はtoeicスコアが600点以上の人材を求めています。

なので、toeicのスコアはとても重要なんです!

toeicを学習していく上で、必要な知識をインプットし、それと並行してオンライン英会話など学習したことをアウトプットする環境を作ることで、効率よく英語を学習することができます。

ナミエ

toeic、英会話を両立することで、英語学習をより効率的にすることができるのね。

まとめ

・toeic高得点=英語が話せるわけではない。

・英会話学習にはオンライン英会話がおすすめ!

・toeicスコアと英会話力には相関性がなかった!

・toeicとは、英語によるコミュニケーションとビジネス能力を検定するための試験のことである。

・toeicにも種類がある。

・toeicは就職活動でも有利になるので必要な資格である!

toeicの学習をしていて「高得点を取っても英会話が上達しない」と悩んでいる方は、toeicと英会話の相関性を理解し、インプットとアウトプットを意識した学習をしましょう。

オンライン英会話は、スマホやパソコンで気軽に受講することができるので、toeicで学んだことをオンライン英会話を活用し、文法を学ぶ→頭の中で組み立てる→発信する、アウトプットできる環境を作ることでより効率よく学習ができるんです。

【関連記事一覧】

突然失礼ですが、あなた今のままではダメだと思ってますよね?
だったらとりあえず、女は黙って…無料体験‼︎

とあるアンケートでは大人の大半が「外国語」を学び直したいと回答しています。
無料体験をやっている今がそのチャンス‼︎

M&N ENGLISHで勉強をしながら、オンライン英会話でアウトプットして一石二鳥‼︎
これで完璧‼︎